Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、今朝は悪趣味極まりない夢を見た挙げ句、偶然つけたTVから虚淵氏恒例の「人々を襲う怪物は、実は人間でしたー」的な展開を見せられてげんなりした後、「題名のない音楽会/伊福部昭特集」にて一気に脳が覚醒した皇です。散々欝を味わった後に来るゴジラのテーマほど、心から救われるものはないね。お陰で作業が一気にはかどったよ。


それでは以下、恒例の擬人化絵&設定語りです(1/20、ちょっと変更しました。流石にあのボトムスの短さはマズすぎる;)

惡のさやか(違
「俺に逆らった代償、直ぐに払わせてやるよ…この尻尾でね!」

さてさて、今回の画像はパシフィック・リムから魔獣帝スラターン擬人化です。実は彼自体過去に画集のおまけページで線画としてうpしたのですが、あの時はスラターン全身図がデータフォルダになかったのと、何より時間がなかったので見かけがかなり変わっております。かといって、件のページと見比べちゃやーよ(黙

コートの下がもろ下着なのは名前の由来が「売春婦」の為、敢えてこういう格好をしています。だけど下手したら露出狂ですね;そして性格はKaiju達のボスを統べるだけあって残虐非道且つ冷酷、常に威圧的態度を崩さない。そして、自分に逆らう相手を自らの尻尾でいたぶるのが趣味。
また、普段の口調は粗暴だが、時々オネエ言葉になる。傍らで常にライジュウとスカナーを従わせており、雑用など面倒な事は全て彼らにやらせている。


スラターンの擬人化設定としては一応こんな感じで。その内パシフィック・リムのKaiju達もサイトのジャンル内に加えようかな。それくらいインパクトあったんだもの。
因みに現時点でオオタチとレザーバックはデザイン決まっているのですが、逆にナイフヘッドがはっきりしないっていうね。ギロンといいバイラスといい、頭に武器タイプはなかなかデザインが決まらないです;
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。