スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい夫婦候補

 23, 2012 02:33

こんばんわ、すっかりいい夫婦の日に乗り遅れましたが、漸く絵もとい下書きを上げる事ができたので投下いたします。
それにしても、久々にペンタブを握ってみたら満足のいく線が中々引けなくて参ったよ;いやはや...
さてさて、いい夫婦こと怪獣CPは以下の様になりました。

すやすやなでなで

あれこれ悩んだ+ついったにて意見を乞うた所、上記のCPとなりました。やっぱり新世代はいろんな意味で強いなぁ。すっかり親世代の出番食っちゃってるし。


それでは以下妄想。
戦いの明けたある日、インファント島にお邪魔したミレゴジことサバイヴ。そこで出迎えてくれたグリーンモスラ(セラフィ)と合流するものの、どこに隠れていたのか義兄のバトラが羽ならぬ口を挟んできました。
曰く「ウチの娘を誑かす気だな」だの、「お前といたら破壊神の血が感染る」だの、半ば言いがかりに近いものでした。
弁解そっちのけでバトラから一方的に言われ、流石に黙っていられないサバイヴ。段々表情が険しくなってゆきます。セラフィが二人を止めようとしても、険悪な雰囲気は治まりそうもありません。
正に一触即発となろうとした途端、騒ぎを聞きつけた姉のモスラに説得され、何とか大事を免れました。

モスラ「ね?今日だけはあの子の事自由にさせてやったら?」
バトラ「仕方ねぇなぁ……おい怪獣王。くっつくのは自由だが、絶対キスはすんなよ」

そう言われ、サバイヴとセラフィは嬉しさ半分、落胆半分を心中で背負いつつも、人気のないところに着くとしばしの間戯れました。
守護神と怪獣王という種族を超えた触れ合いの中、やがて連日の疲れが溜まっていたのか、サバイヴはうとうとしています。

セラフィ「みー君、貴方眠いの?」
サバイヴ「すまん…どうやらそうらしい」

引き替えそうにも、自宅に戻ればまたバトラのお小言が待っている上にゴジラ族は寝付きの早い種族。連れて帰るのにも一苦労です。
そこで、セラフィはひとつ名案を思いつきました。

セラフィ「だったら、しばらく寝てて良いわ。私が膝枕してあげるから」
サバイヴ「い…良いのか?流石に男相手だと……」
セラフィ「寝てる時に頭をあちこちにぶつけちゃ嫌でしょ?さ…」

少々戸惑いながらも、サバイヴは一言礼を告げるとセラフィの膝に頭を乗せるなり、すぐさま寝息を立てて眠りにつきました。
そんな彼を、セラフィは「お疲れ様」と言わんばかりにそっと撫でてあげるのでした。


お粗末。因みに、セラフィに膝枕してもらうといい夢が見られるそうです(何
しかし勢いづいてSS書いてたら長くなった;でも、こういう文章書くのも楽しいです。 

それでは、真夜中に失礼しました。最後に拍手ポチ&コメント感謝ですヽ(*´∀`)ノ
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Sat
2012.11.24
01:58

f.k #-

URL

新ゴジラと新モスラ、ほのぼのもエロもOKな組み合わせで、とても好きです。
バトラ、新ゴジラと新モスラの最大の障害になりそうですね。(笑)
(2人が一線を越えた時は、バトラ発狂しそう(笑))

Edit | Reply | 
Sat
2012.11.24
02:42

皇 #-

URL

いやぁ、そう言われると嬉しいです(**^∀^)モチベーション上がりまくりですわー。いずれはこの二人メインで何か描きたいと思ってます。
バトラがああいう風にやたらと口出しするのは、ギドラ襲撃時にて唯一生き残った姪の為&地球意志の為だそうです。要するに親バカという訳で…ゲフンゲフン、ともかくバトルモスラの受難はまだまだ続く(謎)発狂したらこれまた凄いだろうなぁ;

それでは、この度はコメントありがとうございました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。