スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極生命体、海へ行く

 30, 2013 12:54
やっとこないだのスペゴジ水着絵が完成したので上げてみる。
むちむちん

肌えrく塗れてる…かな?てか、水着の柄オードソックスだな...それにしてもスペゴジに紫はよく似合う。因みに上のハートに特に意味はありません。決して誰を誘惑してる訳では(黙

差分に、汗かかせてみた。8月も終わりとはいえ、まだまだ蒸し暑いですねぇ。
しるっけ

本来は暑中見舞いの予定だったけど、これでは残暑見舞いですね。んでもってこういう風に真面目に絵を描く機会が少なかったため、及第点はありまくりです。どう森にハマりすぎたな(-.-;)


以下、ちょこっとSS。

ある夏の日、従兄のビオランテと海に来たスペゴジ。浜辺には人だかりが多く、特に男性陣はラッシュガード一枚の下に、やや露出の多いビキニを着たスペゴジに釘付けです。
けれど、そんな人々の目線を尻目にビオランテは言いました。

ビオ「さて…今までギドラ様に御呼ばれだなんだ言ってたけど、今日こそ練習しようか」

スペ「どうしても……しろっていうの?」

ビオ「そうだよ。これは君の一存をかけた行為なんだ。さ、僕はここで見ているからそのラッシュガードを脱いで」

ビオランテに言われるがまま、ラッシュガードを脱ぐスペゴジ。すると忽ち、今まで長袖のそれに覆われていた褐色の素肌が周囲の目に曝されます。
そして何よりも目立つのは並みの女性より倍はあろうかという豊満なバストでした。そこはビオランテの趣味なのか、それとも見合うサイズがなかったのか、若干接地面が少ないように見えます。

スペ「脱いだわよ…もう、恥ずかしいからさっさと済ませてよね」

ビオ「何を言っているんだい、満更でもないくせに。僕達の兄さんだって普通にやっている事なんだから、君にだってできるはずだよ」

スペ「だから何度も言ってるじゃない!私は嫌だって!ましてやこんな沢山の人だかりがいる中で…!」

突然口論を始めた二人に、周囲のギャラリーはどよめき始めます。
これから一体何が始まるんだろうか?いきなり原型に戻って破壊行為を始めるのか?それとも……
そして口喧嘩がピークを達した頃、ついにその目的が明らかになりました。

ビオ「あのねぇ…これから先海難事故とかがあったらどうするの。困るのは君自身だよ?」
スペ「そんなのは空飛ぶから良いし、そもそも私…前々から泳げないって言ってるでしょ!」


どうやら普通に遊泳に来たようでした。けれどその後、嫌がるスペゴジを拘束して海に入れようとするビオランテの触手と、そんな彼に必死で抵抗するスペゴジの姿が見られたのでした(当然浜辺は焼け野原)。

終わり?


スペはカナヅチで、ビオランテは確信犯的な純真どSで良いと思う今日このごろ。
それではお粗末さまでした。最後に、拍手レスは今夜返しますm(_ _)m
スポンサーサイト

COMMENT - 4

Sat
2013.08.31
02:58

f.k #X6lTdxlc

URL

No title

スペゴジ姉さん、カナヅチだったとは……
でもこれで、リトル君にとっては希望が出てきましたね。
(海に潜ってスペゴジをやり過ごすなど)

Edit | Reply | 
Sat
2013.08.31
14:12

皇 #-

URL

あの原型の見かけと生い立ちから見て、泳ぐこと事態に一切無縁だったと思われます>カナヅチ
そしてリトル君はリトル君で、何度も海へ潜っている内、イルカやマグロ等の魚類の捕まえ方を覚えてゆき、やがてJrへ成長してゆく…と。後々のVSデストロイアへと繋がってゆく訳ですね。

Edit | Reply | 
Thu
2013.09.19
15:48

GPD #-

URL

スペゴジの裏絵また作ってください

これを見た瞬間ムラムラしてきました

Edit | Reply | 
Fri
2013.09.20
03:00

皇サトコ #-

URL


裏絵か……実は、絵ではないけれど新たな裏小説のプロットを考えております。もうしばしお待ちを_(_^_)_

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。